不正請求があったら?

クレジットカードの利用明細のなかに、身に覚えのない請求が含まれていた場合、その金額が大きければ大きいほど慌ててしまうと思います。
しかし、多くのクレジットカードには「盗難保険」と呼ばれる保険が付帯されており、不正に利用された分に対しては保険が適用されるケースがほとんどです。

不正利用されたと気が付いたら

1. クレジットカード会社に連絡
不正利用が疑われる場合には、できるだけ早くクレジットカード会社に連絡を入れましょう。クレジットカード会社側で、現在使用中のクレジットカードを停止して利用できないようにしたうえで、本当に不正利用なのかを調査してくれるからです。その結果、やはり不正利用だと判明した場合には、盗難保険の申請へと移ります。

2.クレジットカードの再発行
クレジットカードの不正利用が疑われた場合には、被害拡大を防ぐためにそのカードの利用停止手続きが行われます。調査の結果不正利用が確定した場合には、そのクレジットカードは無効となり、新しいクレジットカードが発行されます。クレジットカードの利用停止中や新しいクレジットカードの発行手続き中は、当然のことながらクレジットカードを利用することができません。

不正利用発生から60日以内であれば被害を負担する必要はない

クレジットカード会社は紛失・盗難保険に入っていますので、仮に不正利用があったとしても発生から60日以内にクレジットカード会社に連絡すれば、被害金額をクレジットカード会社が補償してくれます。

逆に注意しなければいけないのが、不正利用から60日以上を経過してしまうと、クレジットカード会社に連絡をしても補償されなくなってしまいます。

そのため不正利用にいち早く気付くために普段からこまめに毎月の利用明細を確認することが重要です。口座残高の異変により不正が発覚しても、遅すぎて60日の補償期間を過ぎてしまう可能性があるからです。

また、60日以内なら無制限に補償されるわけでもありません。以下のようなケースでは利用者に落ち度があるとして、被害金額が補償されない場合もあります。

  • カード裏面に署名をしていない場合
  • 他人にカードを貸与するなど利用規約に違反している場合
  • 車のナンバーや生年月日

推測しやすい暗証番号は使用せず、クレジットカードの不正利用に対する保険の適用は60日以内、きちんとカードを使っている場合のみ適用されるということも知っておきましょう。

新しいカードはクレジットカード番号も変わる

新しいカードになるとクレジットカードの番号も変わってしまいます。今までとは 別のカードになるということです。

電気代やガス代等の公共料金や電話料金などの固定費をクレジットカードで支払っていた場合は、各方面の支払いカードの変更手続きも忘れずに行うようにしましょう。

FAQ(よくある質問)トップへ戻る。

コメントは受け付けていません。