公然わいせつとは?

公然わいせつとは、公の場で男性がチ○コや女性が胸やマ○コを露わにしたと言うことです。

以前、阪神タイガースが優勝した際に、男性が道頓堀に裸になって飛び込むところをニュースで流れたことがありあます。これは立派な「公然わいせつ罪」に当たります。
要は、不特定多数の人がいるところで裸になれば捕まります。ですが、その時の状況や警察の解釈により「公然わいせつ罪」の基準が変わってしまうこともあります。
例えば、年齢によるもの。男女の差。伝統文化を伴う祭りなどがあります。
幼児が裸で歩いていたとしても逮捕されませんよね。ですが、男性が公の場にて上半身裸でいても捕まりませんが、女性は捕まります。
男性の胸と女性の胸とでは違いがあるようです。では、ニューハーフはどうなるのでしょうか?
また、全国各地に裸祭りというのがあります。実際に全裸になる風習があるのも事実です。ですが伝統文化を伴いますので、黙認されてきています。
ところが、岩手県奥州市の黒石寺で繰り広げられる伝統行事、蘇民祭の観光ポスターを市が駅構内に掲示しようとしたところ、JR東日本から待ったがかかったことがりあります。
ニュースでもかなり取り上げられていましたので、知っている方も多いと思います。
この時は、ポスターが「公然わいせつ」や「セクハラ」に当たるのではないかと話題になりました。また、祭り自体でも伝統的に全裸になる男性がいます。警察が取り締まると言ったことでお祭りの主催者側とかなりもめたそうです。

乱行パーティーも取り締まりの対象となることがりあります。ホテルの室内で開催していても「公然わいせつ罪」で摘発された事例はたくさんあります。なぜでしょうか?

警察の見解によると、たとえ密室であっても一定数のネットで集められた不特定の人間が集まれば、「公然」となる。(知人同士でも状況によっては「公然わいせつ」になる)
互いの性行為を見るとしても公然のわいせつに当たると判断するそうです。ですが、一番の逮捕の原因は、営利目的であったことが理由だと思います。

これから乱行パーティーに参加しようと思っている方は、逮捕される可能性がりますので気をつけましょう。
私の知り合いにも、実際に参加していて警察に捕まったことがある方がいます。主催者の方は数週間拘留されましたが、参加者は警察署にて事情聴衆されただけて済んだそうです。乱行パーティーの多くはネットで参加者を募り、人気のあるパーティーは有名にもなってきます。そこで、よく思わない人による警察へのタレコミが入るわけです。そして証拠集めをして、参加者が一番多い週末のパーティーにガサ入れに入るのが一般的だそうです。

最後に、刑法第174条によると
「公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。」

FAQ(よくある質問)トップへ戻る。

コメントは受け付けていません。