ダウンロード転送量制限について

ダウンロード転送量制限とは、1日にどれだけのデータ量をダウンロードすることができるのかを示す数値です。
この値が大きいほど、1日にダウンロードができる動画の本数が多くなります。(ダウンロードの制限は、その値を「動画本数」ではなく「データ量」によって定めています)
つまり、このデータ量の上限によって、1日に何本の動画をダウンロードできるのかが決まります。

動画のデータ転送量は、画質や再生時間によって大きく変わります。
高画質で再生時間が長い作品は、ダウンロード転送量制限に占める割合が高くなってきます。

ダウンロード制限が1日、6GBのサイトの場合
①ハウルの動く腰(60分・2GB・フルハイビジョン)
②痴漢者トーマス(50分・1.8GB・フルハイビジョン)
③美味ちんぼ  (50分・1.8GB・フルハイビジョン)
合計が5.6GBです。
制限が6GBなので1日に3本の動画をダウンロードできることになります。

実際のダウンロード転送量制限については、各サイトの「よくあるご質問」を見て頂けたら確認することがでます。

そもそもなぜ有料アダルトサイトには、不便に思えるダウンロード転送量制限が設定されているのでしょうか?

ダウンロード転送量制限の設定理由
①一般的に夕方から深夜にかけてサイトに訪問するユーザーが多くなります。その時間帯に、ユーザーが集中して動画をダウンロードすると、サーバーに負荷がかかり最悪の場合はサーバーが落ちます。そうした事態を未然に防ぐ為に、ダウンロード制限が設けられています。
②ダウンロード転送量制限を設けることで、ユーザーが会員でいる期間を伸ばすメリットもあります。

ユーザーにとっては、ダウンロードの転送量制限もサイトを選ぶ上での選択肢の一つになってくるかもしれません。
そこで、ダウンロード転送量制限が緩いサイトの一覧を、こちらのページにまとめましたので参考にしてください。

ダウンロード転送量制限が厳しい場合でも「ストリーミング再生」に対応しているサイトであれば無制限に視聴することができます。
仮に、1日のダウンロード転送量制限に達してしまっても、ストリーミング再生であれば、いくらでも動画を見ることが可能です。

ストリーミング再生についてはこちら

成功するサイト選びトップページへ

コメントは受け付けていません。