回避の方法や解決策

巷には悪質な無料動画サイトが存在します。
アダルトサイトを閲覧しいて詐欺に遭ってしまったとは人に言えず、泣き寝入りをしてしまう被害者も多くいます。
では、どのようにしたら良いのでしょうか?
正しい知識を身につけ犯罪集団の罠にかからないように対応することです。

騙しリンク

動画を見ようとして再生ボタンを押したら以下の画像が出てきます。


再度クリックするのかと思い、クリックしてしまいます。
このアイコンを見てどれが動画を再生するボタンなのか分かりますでしょうか?
上の緑色が元の再生・下の再生をクリックすると飛ばされます。
後は飛ばされた事に気が付かずにhtaファイルを開いて感染したり、請求画面が表示されます。

ワンクリック、ツークリック詐欺

ワンクリック詐欺
①クリック回数:1回
②利用契約や利用料金の表示:無し
※電子消費者契約法による契約の無効の請求が容易
③コンテンツ:表示させず請求する
④傾向・特徴:認知度が高まり被害者が減っものの未だにサイトは残存

ツークリック詐欺
①クリック回数:2回
②利用契約や利用料金の表示:分かりにくく記載
※電子消費者契約法を意識
③何らかのコンテンツを表示することが多い
④コンテンツを見せる、もしくは利用料金も表示することで「よく確認しなかった自分が悪い」と錯誤させ支払わせる

「はい」や「OK」などのボタンをクリックすると、突然「登録が完了しました」などのメッセージとともに、法外な金額と振込先が表示され、請求画面に訪問者のIPアドレスやプロバイダ情報までが表示されます。

そして、「もし、指定の期日以内に利用料金を振り込まなければ、取得したIPアドレスなどの情報をもとに、個人情報を割り出して直接請求する」や「請求金額が倍になる」など脅し文句が現れます。

ですが、実際にはIPアドレスなどから個人が特定されることはありません。

そもそも、こうした行為自体が電子消費者契約法などの違法行為にあたるため、契約そのものが無効となります。

ですので、ワンクリック、ツークリック詐欺に遭遇してもお金を払わず一切無視してください。
無視することで詐欺集団は貴方に何もできません。

コンピューターウィルス

コンピュータウイルスは、電子メールやホームページ閲覧などによってコンピュータに侵入する特殊なプログラムです。
インターネットの普及に伴い、電子メールをプレビューしただけで感染するものや、ホームページを閲覧しただけで感染するものが増えてきています。

ウイルスの中には、何らかのメッセージや画像を表示するだけのものもありますが、危険度が高いものの中には、ハードディスクに格納されているファイルを消去したり、コンピュータが起動できないようにしたり、パスワードなどのデータを外部に自動的に送信したりするタイプのウイルスもあります。

ウイルスに感染しないようにするためには、ウイルス対策ソフトを導入する必要があります。
また、常に最新のウイルスに対応できるように、インターネットなどでウイルス検知用データを更新しておきましょう。

ウイルスに感染させられてしまい、請求画面が勝手に表示される症状が起きてしまった場合、「システムの復元」を行ってください。
それでも症状が改善されない場合、もしくは、「システムの復元」が失敗する場合は、パソコンの初期化をすることで確実にウイルスを削除することが可能です。

アダルトサイトの画面が消えない状態の方はこちら

コメントは受け付けていません。